スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
よく来たな
2005-03-06 Sun 12:00
……いいか、パソコンの前で(あるいは携帯を手にして)じっとしてろ。これから魔法をかけるからな。別に危険な魔法じゃない。おまえさんのいる世界とは時間も場所もまったく違う世界での冒険を体験できるようになるだけだ。と言っても、実際にこっちにおまえさんを連れてきたりはしない。ただここにある記事を読むだけでいいんだ。簡単だろ?そろそろ魔法が効きはじめてるはずだ。じたばたするんじゃないぞ……

ここは普通のブログと違って、古い記事から順に並んでいる。ここに来るのが初めてなら、次の「目覚め」から順に読み進めろ。もうすでに途中まで読んだというなら、新しい記事を探せ。「RECENT ENTRIES」から最新10件の記事に進める。カレンダー上の最新の日付をクリックするのも有効だ。まだ『暗黒城の魔術師』などをプレイしたことがなく、いつか自分自身で冒険に出たいと思っているなら、それまでこの記録を読まないことをお勧めする(激しくネタバレだからな)。もといた場所(覚えているか?)に戻れ。

この魔法は凄まじく魔力を消費するんだが、マーリンみたいに金を取ったりはしない(どうせ金貨の持ち合わせなんてないんだろ?)。その代わり、俺にちょっとずつ魔力を送ってくれ。……魔力の送り方を知らないからといって慌てることはないぞ。この記録のあちこちに魔力変換装置を埋め込んでおくから、そいつをクリックするだけでいい。そうすれば、クリックのエネルギーが魔力に変換されて俺のところへ送られるようになってるからな。ただし、使えるのは一日に一回だけだから、馬鹿みたいに何度も押す必要はない。
↓これがそれだ。間違えずに正確にクリックしろよ。

banner_01.gif
スポンサーサイト
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:2 | トラックバック:2 | top↑
目覚め
2005-03-06 Sun 13:01
……おい、目を覚ませ。起きるんだ。
俺のことを忘れちゃいないだろうな。そんなしかめっ顔するなよ。
そうだ、お察しのとおり、またぞろアバロンの危機なんだ。
これで何度目かって?そんなこと知るかよ、俺だってウンザリだ。
だがな、マーリンの爺さんがそっちに送った魔法書が消えて
なくならない限り、危機は何回だって起こるし、そのたびに
お前がこっちに呼ばれちまうんだよ。

おっと、爺さんがフガフガ呪文を唱え始めたぜ。
諦めておとなしく座ってな。
もうすぐ嫌でも感動の再会だ……



自己紹介しておこうか。俺は「エクスカリバー・ジュニア」。通称「E.J.」だ(「E・J」でもいいがな)。アバロンのアーサー王が持つ魔剣「エクスカリバー」の次に創られた魔法の剣だ。名前はジュニアだし実際にあちらさんよりは少々短いが、小さいものに性能を詰め込むほうが大変なんだぜ(パソコンとかカメラとかみんなそうだろ?)。おまけに俺は言葉が喋れる。おかげでおまえさんがたに俺の活躍を語って聞かせられるわけだ。

これからアバロンの王国には何度も危機が訪れる。それを解決するのは、農夫の体にそっちの世界の盆暗の魂が詰め込まれたピップでもなく、すっかり耄碌しちまったマーリンの爺さんでもなく、この「E.J.」様だ。救世主たる俺がいなけりゃアバロンはお先真っ暗ってことさ。おまえさんがた、俺の活躍をしっかり見ておくことだ(マーリンやピップには黙っててくれ)。

お、爺さんの魔法が終わったようだ。さて、そろそろピップとご対面だな。

俺の話がチンプンカンプンってやつは、「マーリンの呼び声」に飛びな。マーリンの魔法書は長らく絶版になってたようだが、「創土社」から復刊されはじめたらしいな。別の世界で俺に勝るとも劣らない活躍をしてる冒険者の記録は「今頃ソーサリー」で読める。
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
魔法の規則
2005-03-06 Sun 15:32
とはいえ、ピップと再会するまでにはまだ時間がある。それまでに、この記録を読んでいるおまえさんたちに少々講釈をたれようか(なにしろ俺はいま樫の箱に入れられてて外の様子がよくわからないからな)。

つまるところ、この記録(ブログって言うのか?)もマーリンの魔法書と同様の魔法なんだ。魔法ってやつは手順を間違えるとうまく働かない。この記録を読むおまえさんにも理解しておいてもらわにゃならないことがいくつかあるのさ。

1:まず、俺が独白したり、そっちの世界にいるおまえさんたちに語りかけたりしている文章は、普通の字体で書かれているはずだ。一方、こっちの世界で起こった出来事や会話は、イタリックで書かれる。しかも三人称文体でだ(ただし、括弧の中は俺のツッコミだ)。これは俺の独白形態ばかりで退屈させないための配慮と思ってくれればいい。ちょっと試してみようか。

「おーい、意地悪ジェイクとはどうなった?」
樫の箱の中からE.J.が呼びかけた。
「ピップの圧勝じゃよ。なかなか頼もしい」
マーリンは書き物から目も逸らさずに答えた。


こんな感じだ。ジェイクに圧勝とは、サイコロ運が上がったか?

2:俺に何か言いたいことがあるなら、コメントから書き込んでくれ。できる限り返答はしよう(もちろん戦闘中は無理だ)。トラックバックも構わない。ただし、俺はこのブログの外には出られない(そういう魔法なんだ)。余所にはコメントできないからな。必要があれば代理人を立てるさ。

3:こっちとそっちで、時間も場所もまるで違うってことはわかるよな。こっちではリアルタイムの冒険も、そっちに記録されるときにタイムラグが生じるだろう。これははっきり言ってどうしようもない(マーリンでさえ克服できない問題だ)。納得してくれ。
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
相棒
2005-03-06 Sun 15:52
まったく、こんな箱の中じゃ時間もわかりゃしない。俺の相棒、すなわちピップの話でもしようか。ピップはグラストンバリーって町の近郊にある農場で働く農夫だ。これといって特徴のない、健康で丈夫なだけが取り得のどこにでもいるような若者だ。だがそれは外面だけの話。ピップの精神は、おまえさんたちが暮らす世界の人間のものだ。マーリンの爺さんの魔法でピップの体に押し込められるわけさ。なぜそんな面倒くさいことをするかは知らないね。俺に訊かないでくれ。

俺はいままでに何千・何万人っていうピップの精神(そっちじゃ「中の人」って言うのか?)と冒険をしてきた。男もいたし女もいた。歳も人種もバラバラだった。いろんなやつがいたよ(いちいち全員覚えちゃいないがね)。で、今回一緒に冒険するやつは、前に一度(確かマーリンの魔法書が日本語に翻訳されたころだな)付き合ってやったことがある。当時そいつは小学生だった。謎解きなんかはうまかったが、サイコロの出目は最悪だった。情けないことに、よく"指セーブ"なんかしてたな。「三つ子の魂百まで」って言うから、今回もズルするかもな。それに前回の冒険の記憶がほんの少しは残ってるだろう。まあ大目に見てやってくれ。俺としては冒険が成功すれば文句はない。

……やれやれ、早くここから出してくれ!
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
例の、八本脚の虫について
2005-03-08 Tue 03:06
さて、冒険は一時中断して、ここで言っとかなきゃならないな。おまえさんたちは「E.J.はクモが苦手」って思ってるだろ。ああその通り。嘘じゃない。俺はクモが苦手だ。だがね、3分間しか戦えないウルトラマンのように、犬が怖いオバQのように、ヒーローには弱点がつきものなのさ。俺みたいに完璧な魔剣ともなると、何でもかんでも華麗にぶった切ってたんじゃ、かえって目立たなくなる。隙がなけりゃ、万人に愛されるキャラクターにはなれないってことだ。それに、俺だってたまには休みたい。優秀な魔剣に生まれたばっかりに、ピップは俺に頼りっきり。戦闘になれば俺を棘の生えたの鎧にぶつけたり、腐ったゾンビーに突き刺したり、汚物に突っ込んだりとやりたい放題だ!冗談じゃない!労働基準法違反だ!そういうわけで、虫くらい自力で倒してもいいんじゃないかね、ピップ。

勘違いしないでほしいんだが……これは決して言い訳じゃないからな!
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
箱の中の独白
2005-03-09 Wed 07:49
さて、暗黒城の冒険はどうだった?一度も14へ行かないなんてペテンだと思ったか?確かに少々順調すぎたかもな。ピップの中の奴が意外と第一巻の内容を覚えていたのも計算外だった。「幸運の石」の解釈も無理矢理だったしな。でもまあ、ギリギリの場面もあったし、ズルはしてないさ。多分、おそらく。

しかし奴も、第二巻からの内容は90%以上忘れているはずだ。次こそは14をお見せできるだろう。期待してもらっていいぞ。

それじゃあ、俺は少し休ませてもらうよ。またな。


――面白かったらblogランキングへ進め。さもなければもといたセクションに戻って行き先を選びなおせ。自分も冒険の旅に出たいと思ったならマーリンの魔法書を買いに行け

箱の中の独白の続きを読む
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
でんぐり返し
2005-03-10 Thu 18:43
冒険の途中だが……

バルサスの要塞を攻略しようという冒険者が現れた。興味があるなら「あっしはレプレコーンのオシェイマスでさ!」へ行け。それから、「amethyst-web.org」でこの記録が紹介された。

amethyst-web.orgの管理者の言うように、記事は日付の古い順に並んでいたほうが読み物としてはいいのではと俺も思っていたのだが、なにぶんこの手の魔法には不慣れなもので(俺は魔剣であって魔術師じゃないからな)、やっと頭とお尻をひっくり返すやり方がわかったんだ。これまでの読者は面食らうかもしれないが、今後はこの形式にさせてもらう(意見があったらコメントしてくれ)。最新の記事をすぐ読みたいなら、左側の「Recent Entries」でチェックするといい。


――このブログが面白いと思ったらblog rankingへ進め。さもなければもといたセクションに戻って行き先を選びなおせ。自分も冒険の旅に出たいと思ったならマーリンの魔法書を買いに行け
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
暖炉わきの独白
2005-03-12 Sat 23:39
ひとつ、訂正というか、謝らなけりゃならない。「ドラゴンの洞窟」の冒険で、妖精の国でドラゴン・スレイヤーにしてもらった俺だが、あれはドラゴンに対して被害点+15じゃなくて+10だったな(普段から+5なものでつい間違っちまった)。というわけで、真鍮のドラゴンとの闘いはもう少し長引いたかもしれないが、勝負がひっくり返るほどのことではないだろう(ピップの中の奴の出目にもよるんだが……)。

俺の謙虚な反省はここまでとして、第二巻の冒険を読んだおまえさんたちの感想を聞きたいね。ぜひコメントしてくれ。宣言どおり14へ(立て続けに2回)行ったピップだったが、ドラゴンの洞窟に入ってからは順調だったと言うべきだろうな。

俺もいまはピップ(体のほう)の住む農家の暖炉のそばでくつろいでるところだが、次の冒険はもうすぐだ。楽しみに待っていてくれよ。


――このブログが面白いと思ったらblog rankingへ進め。さもなければもといたセクションに戻って行き先を選びなおせ。自分も冒険の旅に出たいと思ったならマーリンの魔法書を買いに行け。花粉症にやられて夜更かしできないというなら(お大事に)、14へ行ったあとブラウザを閉じろ。
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
新たな冒険者
2005-03-15 Tue 02:31
ピップが再出発の準備をしているあいだに、ブログの対外業務をやっておこう。

「GB備忘録」では、この記録が紹介されたばかりか、『龍の血を継ぐ者』の冒険が開始された。健闘を祈るばかりだ。また、「Connection Lost!」「洋々雑記」などのブログでも紹介された。両管理者に謝辞を述べたい。「今頃ソーサリー」の冒険者からはトップ記事にトラック・バックをもらっていたのだが、代理人の不注意で消してしまった。たいへん申し訳ない。代理人は一度14へ送り込んでおいたので勘弁してほしい。ほかにも紹介してくれたサイトがあるかもしれないが、代理人の能力ではすべて把握できないらしい。ぜひコメントなどから報告してくれ。

そうそう、この記事でちょうど100エントリー目らしい。記念すべきブレナン・デーの夜にキリのいいことじゃないか!


――このブログが面白いと思ったらblogRankingへ進め。さもなければもといたセクションに戻って行き先を選びなおせ。自分も冒険の旅に出たいと思ったならマーリンの魔法書を買いに行け。3月のブレナン・デー(14日)に何のイベントもなくてやってられないと思っているなら(気にするな!)、14へ行ったあとブラウザを閉じろ。
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
井戸の底の独白
2005-03-19 Sat 15:06
……イタタタタ……何て言えばいいのか……実に奇妙な物言いになってしまうが、生身の人間でいうところの"筋肉痛"ってやつでね。イテテ。なにしろ、第三巻の冒険は戦闘が多すぎた。正確には数えていないが、倒した怪物の数は50匹を下らないだろうな。どんなに激しい冒険だったとしても、魔剣であるこの俺が欠けたり折れたりすることはあり得ないんだが、疲労は感じるんだ。まあ、疲労あってこそ冒険の達成感もあるんだがね。

さてさて、次の冒険の話をしなきゃならない。おまえさんたちの中で第四巻『七つの奇怪群島』の冒険を経験したことのある奴がいたら、きっとこう言いたいに違いない。
「次はどうするつもりなんだ?E・J」
そう、先にばらしてしまうと、次の冒険では俺の出番がほとんどない(はずだ)。悲しむべき事実だ。この記録のタイトルにも反するしな。だが、第四巻は、ピップに改めて俺の存在の大きさを認識させる絶好の機会であると同時に、これまで三回の冒険で休みなく働いてきたこのE.J.に与えられた長期休暇なのさ(ピップみたいな脇役に休暇はない。言うまでもないが)。そう考えれば何の問題もないだろ?
だがしかし、ピップに付き合えない以上、俺が冒険の様子を実況できないことも事実だ。たとえ俺が千里眼の魔法を使えたとしても、そんな状態で続けるのは、はっきり言って興醒めだ。そこで、"代役"を用意しておいた。いや、さっき魔神に会いに行った代理人とは違う(ピップと一緒にいるのは無理がありすぎるしな)。

第四巻だけは、これまでと違った雰囲気で進行するだろう。楽しみにしててくれ。じゃあ、しばらくのあいだ、お別れだ。


――このブログが面白いと思ったらblogRankingへ進め。さもなければもといたセクションに戻って行き先を選びなおせ。自分も冒険の旅に出たいと思ったならマーリンの魔法書を買いに行け。春の陽気に誘われて表に出かけるなら(交通安全!)、14へ行ってからパソコンの電源を切れ。ハンカチを忘れずにな。
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
他世界の冒険者たち
2005-04-03 Sun 13:17
久しぶりだな。俺のこと、忘れちまってないだろうな?この記録の管理者であり、世界最高の喋る魔剣、エクスカリバー・ジュニアだ。いまは休暇中で、語りはピップの右目と左目に任せているがね。ちょっと様子を見に来たんだが、何ともひどい有り様だな。おまえさんたちが呆れて見放したりしないことを願うばかりだ。

さて、せっかく出てきたついでに、ほかの世界で冒険している連中の紹介をしておこう。いずれ劣らぬつわもの揃いだ。ぜひ更新を頑張ってもらいたい。

今頃ソーサリー:『ソーサリー』
あっしはレプレコーンのオシェイマスでさ!:『バルサスの要塞』
GB備忘録:『竜の血を継ぐ者』
味噌日記@はてな:『2002年帝国の逆襲』
パラグラフの狭間で:『悪魔の妖怪村』


――このブログが面白いと思ったらblogRankingへ進め。さもなければもといたセクションに戻って行き先を選びなおせ。自分も冒険の旅に出たいと思ったならマーリンの魔法書を買いに行け。今日は花見の予定だったのに、まだ桜がたいして咲いてなくてがっかりしてるなら(しかも東京は午後雨らしい)、14へ行って雨避けの呪文を100回唱えていろ。
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
柳細工の大籠のなかの会談
2005-04-24 Sun 14:20
……おい……おい、おまえら大丈夫か?
「ら、ら、らいりょううえす……」
だいぶやられちまってるな。
「そらしゃあないやろ。あんだけカミナリ浴びさせられてみい。誰かてこうなるわ」

柳細工の籠のなかにはピップの体が横たえられ、傍らにはエクスカリバー・ジュニアが置かれている。ピップの首にはボトルが突き刺さっており、電気を帯びて時折パチパチと音をたてている。フランケンシュタイン博士の古い日記を読んだマーリンが、ピップの体で生命を宿す実験をした結果だ。

とにかく、第四巻の案内役ご苦労だったな。ずいぶん大変だったようじゃないか。
「ろ、ろういらりまいて」
「ほんま、シャレにもならへんかったわ!もう二度とゴメンやで!」
まあ、これからはまた俺が復帰するから心配するな。俺がいないあいだ、ピップの奴も俺のありがたみが骨身に染みたろうしな。
「それはどうかいな。四巻は、あんたがおってもどうもならんような敵がウジャウジャしとったで」
そりゃ気のせいだな。この俺に倒せない怪物などいないぞ。たま~に負けるのはピップの腕のせいさ。
「はいはい、おめでたいこっちゃ」
なんだ?このE.J.様にケンカ売るつもりか?
「上等や!かかってこんかい!」
「待っれ、待っれ!そんらおろいれる場合りゃないれりょ。ちゅぎの冒険のあなひうぉひてうらはい」
そうそう、前回の最後にも予告されてたが、俺の復帰第一回目は、エクスカリバーを取り返す冒険だ。どこに行って何をするのかはまだ知らないがね。
「けっ!せいぜい気張りや。ウチらはもう休ませてもらうわ」
「れは、ほんろうにさようらら」
何か喋りたかったら、たまになら出てきてもいいぞ。もし読者の希望があれば、もっと頻繁に出してやらんでもない。
「偉っそうに!こっちから願い下げや!」
「よ、よろひくお願いひます」

――このブログが面白いと思ったらblogRankingへ進め。さもなければもといたセクションに戻って行き先を選びなおせ。自分も冒険の旅に出たいと思ったならマーリンの魔法書を買いに行け。ゴールデンウィークに何の予定も入ってないなら(そいつは深刻だ……)、14で体育座りがお似合いだ。
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
折り返し地点
2005-04-26 Tue 17:28
よう、おまえさんがた、元気にしてるか?

アバロンの冒険もようやく折り返し地点ってところだ。第四巻はまるまる休みをもらっちまったが、おかげで気力充填、残りの四冊もかっ飛ばしてやろう!……と言いたいところだが、このブログの更新作業をする代理人のやつが多忙気味なせいで、こっちの冒険をリアルタイムで送るのが難しい情勢だ。すまないが勘弁してほしい。あまりに更新が遅れるときは代理人のケツを叩いてやってくれ。

だが、せっかく半分まで来たんだから、気分一新ブログのデザインを変えさせてみた。前よりは読みやすいんじゃないか?

それと、ほかの世界の冒険者がいるページにリンクを貼っておいた。左側の「リンク集」から飛んでくれ。「今頃ソーサリー」のあとに俺たちが冒険を始めた頃に比べれば、ずいぶんと数が増えたもんだ。嬉しいじゃないか。

それじゃあ、今後も気長に付き合ってくれ。ファンレターや付け届けはいつでも大歓迎だ。だが、もし蜘蛛を送りつけてきやがったら、俺が直々に14送りにしてやるから覚悟しておけ!


――このブログが面白いと思ったらblogRankingへ進め。さもなければもといたセクションに戻って行き先を選びなおせ。自分も冒険の旅に出たいと思ったならマーリンの魔法書を買いに行け。「14って何のこと?」なんてカマトトぶってるつもりなら(本当に知らないならなおさらだ)、直に行って体験してこい!
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
衣替え
2005-06-06 Mon 17:03
「ようよう、皆の衆、久しぶりやな。アバロンの良心こと"ピップの右目"や」
「皆さんお元気ですか?ピップさんの心情を最も理解している"左目"です」
いまさら自己紹介の必要はないと思うが、俺こそが史上最高の魔剣、喋る栄光こと"エクスカリバー・ジュニア"、通称E.J.だ。もしかして忘れてる読者もいるかもしれないからな。

「なんや、第五巻が始まってから一ヶ月以上経ってんのにまだ前座が終わっとらんやないか」
「まあまあ、それはE.J.さんのせいじゃないし」
そうとも!アバロンじゃ、出発してからまだ半日も経ってないんだぞ。代理人のやつが怠けてるのさ。
「あんたが語り役やと書きにくいんとちゃうか?(笑)」
な、な、なんだと、この野郎!俺のナレーションにケチつけるのか!?
「ハッキリゆーて、マンネリやねん」
「わーわー!ストップ、ストップ!出てくるたびに喧嘩しないでくださいよ!今回の用事は別にあるでしょ」

「えー、そやな。まず、お仲間のゲームブックリプレイブログ『あっしはレプレコーンのオシェイマスでさ!』で、ゲームブックリプレイやらの関連サイトがまとめられてるで。便利やから覗いてみ」

それから、代理人のやつが「気候がジメジメしてきているのにブログが暗いデザインだと気が滅入る」なんて文句を垂れやがるから、デザインの衣替えを許可してやった。話の途中なのにすまんね。確かに涼しげにはなったと思うが、このデザインに文句があったら代理人に言ってやれ。

「はい、ご苦労様。では、仲良く協力して冒険を続けましょう!」
「はいはい、しゃあないな(いつか何かの糞に突っ込んだる!)」
おう、気にするな(14行きついでにぶっ刺してやる!)。
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ブログショッキング
2005-07-02 Sat 02:40
「右目と!」
「左目の!」
「「浪花節だよ、アバロンは!」」
「えー、というわけで新コーナー始まったわけやけど」
「ハイハイ」
「君、最近どないな調子や?」
「僕ですか?僕ふつう。寝たり起きたりです」
「まあ目玉なんやからほかにすることもないわな」
「例の妖怪のお父さんが羨ましいです」
「目玉業界の大御所やからなあ~」
「親父越えが僕らの彼岸……もとい悲願!」
「ま、そんな感じで頑張っていきたいと思てますけど……」

待て待て待て待て、待て!なに勝手に漫才コーナー始めてる!

「あ、これはこれはE.J.はん、来てくだすっておおきに」
「あんな大きなお花ありがとうございます。タ○リさんもビックリしてましたよ」

花なんか贈ってないぞ!ってか左目までどうしたんだ!?

「ふふふ、僕は目覚めました。いい子キャラを貫いたところで、結局貧乏くじを引くだけだってね」

……おい

「まま、そないに目くじら立てんと。何やかや言うたって、ここは冒険の合間の告知コーナーやし、主役はE.J.はんやないですか」
「そうそう、仲良くやりましょう」

ちょっ……

「そんなわけで、21世紀は7月ですなあ。ピップの冒険はようやく〈魔獣王国〉に辿りついたみたいやけど」
「代理人さんは、6月末に忙しいのと自分の誕生日が重なって、仕事したり飲んだりで大変だったみたいですよ~」
「あきまへん。そんなもん言い訳にはならしません」
「まったく、反省と謝罪を要求するニ……」
「おおっと、そのネタは金氏……もとい禁止やで」

おま……

「そうそう、それと、蒸し暑い季節が終わりかけてるからとかで、また黒いデザインに戻すそうです」
「ちゅうかFC2ブログにテンプレートの検索機能がついたんで拾ってきただけやろ」
「そんな楽屋裏はばらさなくても結構です。さらっと宣伝まで入れて憎いなあ」
「これからは漫才だけでは食うていけんからなあ」
「しょぼ~ん」
「ほな、場が沈んだとこで……」
「「また今度見てね!約束だ!さいなら!」」

あ、あ~、っと……
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| E.J.のアバロン救世記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。