スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
巨石人の踊り
2005-05-25 Wed 02:29
絞首台に戻り、南西に向かって歩き始める。空は青空、鳥は歌い、風は爽やかだ。なぜか心はウキウキしている。ただひとつ問題なのは――醜い百姓の集団が、干草用フォークをかざしてこちらに迫ってくることだ。ざっと数えて25人!行く手を遮られた。
「どけ、どくんだ!」ピップは勇ましく叫んでE.J.の柄を握り締めた。


おいおい、どうにもならないって。まあ、やるってんなら手伝ってもいいがな。無駄だと思うがね。

「ならねえ、正式な通行許可硬貨を見せるまでは通さねえだ!」

なんだよ、それで済むわけかい。さっさと先に進もうぜ。

道を辿っていくうちに、巨大な岩が横たわっているのに気づいた。なにやら謎めいた模様が描かれている。

dance.jpg

さて、指示に従って進んでみるとしようぜ。……おもしろそうなところに着いたな。

いくつもの巨石が円形に並んでいる。ここが地元民の言う〈巨石人の踊り〉に違いない。後年には、ストーンヘンジという古代遺跡となっている。ちょっと調査したほうがよさそうだ。

stone.jpg

さあて、いつものパターンになってきたな。
スポンサーサイト
別窓 | 「魔獣王国の秘剣」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<牛飼い | E.J.のアバロン救世記 | カーミラ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| E.J.のアバロン救世記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。