スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ブログショッキング
2005-07-02 Sat 02:40
「右目と!」
「左目の!」
「「浪花節だよ、アバロンは!」」
「えー、というわけで新コーナー始まったわけやけど」
「ハイハイ」
「君、最近どないな調子や?」
「僕ですか?僕ふつう。寝たり起きたりです」
「まあ目玉なんやからほかにすることもないわな」
「例の妖怪のお父さんが羨ましいです」
「目玉業界の大御所やからなあ~」
「親父越えが僕らの彼岸……もとい悲願!」
「ま、そんな感じで頑張っていきたいと思てますけど……」

待て待て待て待て、待て!なに勝手に漫才コーナー始めてる!

「あ、これはこれはE.J.はん、来てくだすっておおきに」
「あんな大きなお花ありがとうございます。タ○リさんもビックリしてましたよ」

花なんか贈ってないぞ!ってか左目までどうしたんだ!?

「ふふふ、僕は目覚めました。いい子キャラを貫いたところで、結局貧乏くじを引くだけだってね」

……おい

「まま、そないに目くじら立てんと。何やかや言うたって、ここは冒険の合間の告知コーナーやし、主役はE.J.はんやないですか」
「そうそう、仲良くやりましょう」

ちょっ……

「そんなわけで、21世紀は7月ですなあ。ピップの冒険はようやく〈魔獣王国〉に辿りついたみたいやけど」
「代理人さんは、6月末に忙しいのと自分の誕生日が重なって、仕事したり飲んだりで大変だったみたいですよ~」
「あきまへん。そんなもん言い訳にはならしません」
「まったく、反省と謝罪を要求するニ……」
「おおっと、そのネタは金氏……もとい禁止やで」

おま……

「そうそう、それと、蒸し暑い季節が終わりかけてるからとかで、また黒いデザインに戻すそうです」
「ちゅうかFC2ブログにテンプレートの検索機能がついたんで拾ってきただけやろ」
「そんな楽屋裏はばらさなくても結構です。さらっと宣伝まで入れて憎いなあ」
「これからは漫才だけでは食うていけんからなあ」
「しょぼ~ん」
「ほな、場が沈んだとこで……」
「「また今度見てね!約束だ!さいなら!」」

あ、あ~、っと……
スポンサーサイト
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<魔獣王国に立つ | E.J.のアバロン救世記 | 三つ目獣>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| E.J.のアバロン救世記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。