スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
闇の迷宮
2005-10-01 Sat 08:34
階段を降りきると、正方形の大理石が敷き詰めてある廊下に出た。廊下の幅は大理石二枚分で、まっすぐにのびている(大理石は1m四方)。
ところどころ蝋燭が灯されていて弱い光を投げかけている。


魔法書には地図を描くための紙が用意されてるが……そうだな。もったいないからチラシの裏にでも描いておけ。

廊下の右手中ほどに小さな扉を見つけたが、とりあえず通り過ぎる。大理石を16枚進んだところで壁に行きついた。ここから廊下は右に直角に折れている。

扉はうかつに開けないほうがよさげだから、とりあえずは廊下をすすんでみようぜ。……廊下は一本道で、次々と右に折れている。どうやら螺旋状の回廊のようだな。ときどき扉があるが、妙だな。地図上では内側の廊下に直結しているように見えるんだが……一方通行か?
……!おい、ピップ!いま通り過ぎた扉は明らかにいままでのとは違うぞ!気がついたか?もしかしたら引っ掛けかもしれないが。

扉を開けて入ったとたん、背後で扉がきしんで閉じ込められた。真っ暗闇だ。手探りで調べてみると、細長い長方形の部屋であることがわかった。そして、部屋の中央には鉄の梯子が上に向かって伸びている。
この迷宮図を描きこんできた別紙の裏をめくれ!(チラシじゃないぞ)
隅のほうに魔法の粉があるはずだ。その粉に人差し指をこすりつけ、水に浸せば"魔法の水"ができるのだ。さあ、指先につけた魔法の水で裏面をこすってみよ。梯子をよじ登る先がわかるはずだ。


おお!こんな仕掛けがあったとはな!道理で何となく水でふやけたようになっていたはずだ。……なるほど、迷宮図が浮かび上がってきた。梯子の行き先は……○○○だな!
スポンサーサイト
別窓 | 「魔獣王国の秘剣」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ブロッグワート城砦 | E.J.のアバロン救世記 | ワニガエル獣>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| E.J.のアバロン救世記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。