スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ララルドグゴウェント・トーでの会談
2005-10-02 Sun 17:11
マーリンを呆然と見送ったピップは、やがて諦めたようにひとつ溜め息をつき、グラストンバリー目指してとぼとぼと山道を歩き出した。

「お疲れ~」
「お疲れ様でした」
おう、お疲れ。何のかんので第五巻の冒険には丸五ヶ月もかかっちまったな。
「話数もちょうど50回で、狙ったみたいな数字やな」
「出来杉……もとい出来過ぎですねえ」
最後は俺も予想してなかった展開だったからなあ。サイコロがドラマを呼ぶってやつだ。
「ちなみに、14行きになってたらどんなネタがあったんや?」
ふっふっふ、昔手に入れたインチキサイコロがあってな、何と!目が2,2,3,4,5,5になっている。
「それって……マーリンの隠れ家で使ったら無敵ですか!?」
「うわ~、きったな~!」
そう言うがな、これぐらいしないと筏の材料を揃えるのは無理だろ。はっきり言って、第五巻がいままでの中で一番凶悪だと思うんだがな。
「何言うてんねん!あんたは四巻を知らんからな!」
「そうそう、あのどうしようもなさは全巻一ですよ」
その話はまた今度な。

「ほんなら業務連絡や」
「は~い、これから第六巻『宇宙幻獣の呪い』の冒険が始まるわけですが、代理人氏の状況がのっぴきならないところまで来ておりまして、年末まではかなり更新が滞る見通しになります」
今度は半年かかるかもな。
「ま、これだけはしゃあない。勘弁してや。今後ともよろしゅうな」
「コメント等も待ってます」
また会おう。さらばだ。
スポンサーサイト
別窓 |  E.J.の独白 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<エクスカリバーの帰還 | E.J.のアバロン救世記 | 呪われしアバロン>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| E.J.のアバロン救世記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。