スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
地底湖
2005-03-08 Tue 02:49
残りは北だけだ。……行き止まりだな。よく調べてみろよ、隠し扉があるはずだ(しかし、サイコロ振る意味あるのかここ?)。

秘密の扉を押すと、曲がりくねった濡れた階段が現れた。階段を下りきると通路になり、その先は巨大な洞窟になっている。そこには満々と水をたたえた地底湖が。
どこからか囁き声がする。
「ピップ……こわいよ」
声の主はE.J.だった。
「ここが気に入らないんだ……暗いし、大嫌いなクモがいるかもしれないぞ」
「E.J.だらしないぞ、冒険に危険はつきものさ。クモが出たら、ぼくがやっつけてやる!」
「ほんとか?よし、それなら……だけど、もしやっかいなことになっても、おれのせいじゃないからな」


……言いたいことは山ほどあるが、とりあえず岸に近づいてきた無人の小船が問題だ。乗るんだろ?ピップ。
スポンサーサイト
別窓 | 「暗黒城の魔術師」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<レプラコーン | E.J.のアバロン救世記 | 例の、八本脚の虫について>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| E.J.のアバロン救世記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。