スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
控えの間
2005-10-17 Mon 23:59
なんとも懐かしい部屋だ。王に謁見しようとする各国の貴賓たちが、この控えの間にずらりと座っていた時代が思い出される。しかし、いまやその座る場所はない。椅子がことごとくぶっ潰されているからだ。
謁見室へ向かう扉は三人の衛兵にガードされている。


王国中が呪われているこの状況で、まだ忠実に職務を守り続けている立派な衛兵たち……てわけじゃなさそうだな。

彼らは見たこともないような醜い顔で、城と同様すっかりカビに覆われている。恐ろしい勢いでピップに飛びかかってくる!

それぞれ生命点25点、基準点5、被害点+3だ。普通の強さだが、三人同時に相手にするのはきついな。ようし、一人はルーファスにまかせて、俺たちは残り二人を片付けるとしよう。
このエントリーはこの戦闘だけだから、たまには戦闘の記録でも残してみるか?

ピップ:40 VS 衛兵A:25、衛兵B:25(先攻)
ルーファス:16(先攻) VS 衛兵C:25

【一回戦】
A(7)B(7)ピ(9)ル(7)C(5)
衛兵A:25→9(11+お守りで5)
衛兵B:25
ピップ:40→30
ルーファス:16
衛兵C:25→19

【二回戦】
A(10)B(7)ピ(10)ル(6)C(9)
衛兵A:9→0
衛兵B:25
ピップ:30→17
ルーファス:16→9
衛兵C:19→14

【三回戦】
B(6)ピ(5)ル(9)C(7)
衛兵B:25→18
ピップ:17→13
ルーファス:9→4(戦闘不能)
衛兵C:14→6

【四回戦】
B(6)C(7)ピ(9)
衛兵B:18
衛兵C:6→0
ピップ:13→4

【五回戦】
B(10)ピ(-)
衛兵B:18
ピップ:4→0

banner_01.gif
スポンサーサイト
別窓 | 「宇宙幻獣の呪い」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<拷問室 | E.J.のアバロン救世記 | 14(14)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| E.J.のアバロン救世記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。