スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
14(15)
2005-10-28 Fri 01:03
やれやれ、これから戦闘するたびに死ぬような予感がするんだが、俺の杞憂かね?生命点を決めなおしたらリベンジマッチだ。ちなみに右のマングース猫はレスリングの使い手だが、性能は同じらしい。

「そうか、やるのか?では行くぞ!キエ~~~ッ!
格闘技猫は疾風のように宙を飛び、ピップの喉笛に飛び蹴りをくらわしてきたが、ピップはそれを予測していたかのように華麗にかわした。
「ほほう、なかなかの身のこなしだ。フフフ、楽しめそうだな……」
マングース猫は不敵に笑うと、空手の構えを固めて間合いを取った。

アチョ~~ッ!セイッ!トリャァッ!噴ッ!グシャッ!バキン!スボッ!

「フ……いい闘いだった。先へ進むがいい。だがひとつ言いたい……剣は卑怯だろ!」


ちょ、おま……あやまれッ!大山さんにあやまれッ!お前に空手家を名乗る資格はないッ!!

banner_01.gif



【生命点】

生命点:54→15

経験点(永久生命点):135(6)


【装備品】

エクスカリバー・ジュニア(基準点:3、被害点:+5)

斧、蟻飼育機、蜘蛛の巣スプレー、釣竿、強力石鹸、真鍮製の頭

ルーファス(生命点:25→7、基準点:5、被害点:+4、生命点5点以下で戦闘不能)
スポンサーサイト
別窓 | 「宇宙幻獣の呪い」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<空手マングース猫一代 | E.J.のアバロン救世記 | 王の控えの間>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| E.J.のアバロン救世記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。