スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
呪いの受難劇
2006-02-01 Wed 23:59
そこは独房のように小さな部屋だった。中央に一脚だけ豪勢な肘かけ椅子が置かれ、オペラ・グラスと、二つ折りにされた大きな紙がのせられている。椅子の前方には深紅の垂れ幕が下がり、舞台まである……

「彼」の登場だな。こういうときは、ジタバタせずに状況に身を委ねるのがアバロンの冒険の鉄則だ。椅子に座って紙を開いてみるんだ(どう考えてもオペラ・グラスは使わないだろうが)。

紙を開くと仰々しい古風な文字が並んでいる。

オペラ「呪いの受難劇」/プログラム

そのとき、開演を知らせるブザーが鳴り響き、けたたましいドラの音とともにどん帳が上がりはじめた。
舞台中央に、マントをはおった男がたたずんでいる。目の部分だけ隠した黒い楕円の仮面をつけ、皮膚は青白く、口の両端からは長い牙が突き出ている。男は一歩前に進み出ると、両手を高々とさしのべ、うっとりするような口調で語りはじめた。

 おお、悩みのつきぬ世なれども、余ほどの苦悩はあるものか
 あらぬ濡れ衣に耐えるには、余の両腕はあまりにか細い
 おお、余こそ呪いの最大の犠牲、今宵語るはその顛末
 されば時をさかのぼり、受難の発端に立ち会われたし……

そこでどん帳がすとんと落ちた。


どうやら自分の冤罪をオペラ仕立てで説明するつもりらしいな(話の流れを覚えてない読者は頭のほうから読み直すことだ)。さて、例によって例のごとく、魔神の登場シーンはやたら長い。俺がかいつまんでやるからありがたく思えよ(体験したけりゃ自分で冒険に出ることだ)。今回は箇条書き方式で。さっきのが第一場で……

第二場:魔界の作曲家から魔神にオペラ共作の誘いがあったが、それは詩のないオペラだった。申し出を断った魔神に作曲家は復讐を誓った。
第三場:作曲家はアバロンにカビの呪いをかけ、その罪を魔神になすりつけた。
第四場:そこで魔神は呪いの主を倒すためにピップを待っていた。

「さあ若き勇敢な友よ!この舞台に参上されよ!」

banner_01.gif
スポンサーサイト
別窓 | 「宇宙幻獣の呪い」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<『ドラゴンの洞窟』カバーイラスト | E.J.のアバロン救世記 | グランウィーゼル(ダ・ダ・ダ・ダーン!)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| E.J.のアバロン救世記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。