スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
褒美
2005-03-09 Wed 02:09
「なんと喜ばしき詩!なんという傑作だ!よしよし、君には、たっぷりと褒美をやらなくてはな……」
そう言うと、魔神は詩の一行につき金貨一枚ずつくれはじめた。


うまくやったな。金貨18枚ゲットだぜ。

「ところで、わしのような大詩人は算術に弱くてな。君の詩が10行以上あったかどうか教えてくれたまえ」

18行だ。

「なんという偉業!なんという詩的才能だ!18行の詩、これに対しても褒美を取らせようぞ!」
魔神はズボンのポケットから小さな木製のアヒルを取り出し、ピップに手渡した。
「これは魔法のアヒルだぞ。見えない魔法によって大きな危険にさらされたとき、『魔法のアヒルよ、援護を頼む。僕はちっとも恐くないぞ!』と叫んで即座に119へ行くんだ」


見かけによらず、これは役に立ちそうだな。

「さてと、いささか疲れてきた。棺桶に戻って、次の訪問者を待つことにしたいと思う。失敬」
魔神は棺桶に飛び込んでバタンとふたを閉めてしまった。


お疲れ、ピップ。今回の魔神訪問はこれで終了だ。神殿のほうに回ろうか(神殿にも行けたんだったのか)。


―生命点―

最大値:44
現在値:40

経験点:9

―装備品―

エクスカリバー・ジュニア(基準点:3、被害点:+5)
ドラゴン革の胴着(防護点:4)
短剣(被害点:+2)

治療薬(2D6点回復):8
軟膏(3点回復):2

魔法のアヒル(見えない魔法に対抗したいとき、119へ行く)
死の呪文の巻物(1ゾロ、3ゾロ、6ゾロで自分が死ぬ)
両面とも表の銅貨
ヒリヒリする銀の指輪
ダイヤモンドの指輪(金貨170枚分?)

ロープ(15m)、スパイク(8)、たいまつ(4)、ランタン、油瓶(4)、ほくち箱、弁当、羊皮紙、羽ペン、インク、胡椒、鏡、ハンマー、釘、のこぎり、磁石

金貨:148

―魔法―

火の指:9
火の玉:2
スポンサーサイト
別窓 | 「暗黒城の魔術師」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<作詩 | E.J.のアバロン救世記 | 湖の淑女>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| E.J.のアバロン救世記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。