スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
湖の淑女
2005-03-09 Wed 02:39
神殿に近づくと、なにやら動くものがある。E.J.を引き抜くと、美しい声が響いてきた。
「剣をおしまいなさい、ピップ。わたしはなにもしませんよ」
奥から背の高い、穏やかな、威厳のある女性が現れた。


彼女は、過去に何度もアーサー王を助けてきた"湖の淑女"だ。ギネヴィアじゃあないぞ。アンサロムに立ち向かうおまえの勇気(と俺の活躍)を知って、俺たちを手助けしてくれるそうだ。好意は素直に受け取るもんだ。もしこれが罠だったら、魔法書を書いた誰かさんは性格悪すぎだぜ。

彼女が差し出した聖杯の中の液体を飲みほすと、身体中に至福感が満ちてきた。生命点が回復し、一時的に25点の生命点が与えられる。

ほら、俺の言ったとおりだろ!
スポンサーサイト
別窓 | 「暗黒城の魔術師」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<褒美 | E.J.のアバロン救世記 | 幸運の石>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| E.J.のアバロン救世記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。