スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
巨大な……
2005-03-09 Wed 03:31
トンネルはやがて立って歩けるほどの大きさになり、延々と続いた。ふっと松明の火が消えてしまった。ようやく火を点けなおすと、目の前には……

ギャーーーーー!!!巨大グモだーーー!ついにこの場面に来ちまった!ガクガクブルブル!ピ、ピ、ピ、ピップ、お、お、俺は戦わないからな。何とか手なづけてみろよ、得意だろ。さっそく幸運の石を使えよ。使えったら!使ってください!

クモの分のサイコロは3……+3で6。ピップの出目は1・2・3で6……-3して3!やったな、ピップ!

「さあ、落ち着いて……あなたに危害を加えるつもりなんてないのよ」
なんとクモは女性だったのだ!
「あなたはアンサロムを退治しにここへ来たんでしょ?それなら嬉しいわ。この穴から這い上がれるように、糸を出してあげましょうか?」


クモの糸を登るなんてゾッとしないが、ことはいい方向に進んでるな。おや?待てよ、どうもこの上は以前通った細長い部屋みたいだぞ。ゾンビーの部屋しか行き先がなさそうだ。仕方ない。クモの彼女にはどいてもらって(ホッ)、ここをもう少し調べようぜ。
スポンサーサイト
別窓 | 「暗黒城の魔術師」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<幸運の石 | E.J.のアバロン救世記 | 毒蛇>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| E.J.のアバロン救世記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。