スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
14(1)
2005-03-11 Fri 18:48
……どこかでオーケストラが、『葬送行進曲』を厳かに奏でている。……ここは、水晶の洞窟だ。マーリンがピップを見下ろすように立っている。
「死んでしまったのだな……?」


ついに来てしまったな、ここへ。初の14行きは毒死だ。よく反省しろ。それがすんだら、また最初からやりなおしだ。サイコロを振って金貨を手に入れ、装備品を"買い足す"んだ。今度は5枚か。忘れずに調理道具を買っておけよ。

しかし、死んだら持ち物とかがどうなるのか曖昧だな。仕方ない、また俺がルールを決めてやる。

・生命点は決めなおす(3回振る)。
・使ったものは復活しない。
・冒険の途中で手に入れたものはなくなる。
・所持金は0になり、サイコロで決めなおす。
・使ってしまった魔法も復活しない。

一度倒した敵はもういないってことも忘れるな(同じ財宝も二度と手に入らないが)。さあ、立て!農場から再出発だ。

blog ranking

14(1)の続きを読む
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
大昔の地図再び
2005-03-11 Fri 20:25
さて、今度は前回と違う道を辿ってみるか?まさか、いきなり14行きなんて道はあるまいしな。155だな。……行き止まり。とんだ無駄足だ。次は21だな。……こっちはいろいろと障害があるな。大地の裂け目に木で橋をかけ、濃霧を切り抜け、向こうのほうに見えてきたのはさっきの村だな。結局どこを通っても辿り着くわけか(物語の展開を考えれば、まあ当然と言えば当然だ)。

ゆらめく門をくぐって再びストーンマーテン村だ。

blog ranking
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
穀物倉庫
2005-03-11 Fri 20:36
前回のおさらいだが、もう一度行く価値がありそうなのは長老の家くらいだな。今度は調理道具があるから、シチューをもらっておけよ。

次は、穀物倉庫だな。よく調べてみろ。む?何かガリガリ音がするな。クモじゃなさそうだが……巨大ネズミだ!急いで俺を抜け!

……被害はたったの1点ですんだが、ネズミに伝染病をうつされてしまったぞ!だが安心しろよ。長老のシチューを飲めばまったく問題なしだ。ちゃんと長老にお礼を言って(ボケてるから無意味かもしれんが)、次の建物を調べよう。

blog ranking

穀物倉庫の続きを読む
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
14(2)
2005-03-11 Fri 21:01
家に入ったとたん、建物全体が頭上から崩れ落ちてきた。冒険とはそう甘いものではないんだよ――14へ行け。

orz……まったく身もフタもありゃしないな……。もう怒りを通り越して笑えてくるぜ。

次は生命点28。金貨は9枚か。ほとんど持ってないものはなくなるな。ついでに革のよろいを買って重ね着しておけばどうだ?戦闘がずいぶん楽になるぜ。

それじゃあ、また農場からやり直しだ。まだ選んでない65の道を進んでみるか?

blog ranking

14(2)の続きを読む
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
陰気な森
2005-03-12 Sat 00:27
東北に向かって荒野をとぼとぼ歩いていくと、薄気味の悪い森のはずれに辿り着いた。この森は物音ひとつしない……。

気味が悪い森だが、来た道を戻るのも面倒だしな。……どうも道に迷ったようだな。……おや?どこからか口笛が聞こえるな。誰かいるのか……。あそこの大木の裏からだ。……おっ!狼だ!狼が口笛を吹いてるぞ!

「もう闘うのか……?」E.J.がぶつぶつ不平をいう。「気がすすまんなあ。もうしばらくのんびりさせてくれないか?」(また俺のイメージを落とすような記述が!)

変な狼だったが強くはなかったな。お!いまの戦闘で経験点が20になったぞ。永久生命点1点獲得だ。

広場に出たな。白いウサギがいるが……どうする?

blog ranking

陰気な森の続きを読む
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
白ウサギ
2005-03-12 Sat 00:51
ウサギと話をしようっていうのか?なんともメルヘンチックだな。俺はウサギを見ると首を落とされそうな気がしてならないんだが。

……ほら見ろ!ウサギに膝頭を噛まれたじゃないか!おかげで9以上振らないと攻撃が当たらないぞ!危険な闘いになりそうだ。粒の杖を使うんだな。よし先に4回攻撃しろ!……4回とも空振りか……。まあ予想していたよ、ピップ君。

ウサギの牙には毒があったが、幸運なことにおまえには免疫があったようだ。鎧のおかげでそれほど怪我をせずに倒せたな。少し休んだほうがいい。

「おい、そこの若いの……」

おお!何と目の前の木が語りかけてきた!森の出口を教えてくれるとさ。

……なんだ、ここは前回来た裂け目じゃないか。木を渡って、濃霧を……すり抜けられなかったな。えんえん歩いて、出発点まで戻ってきてしまった!結局、いちばん最初に選んだ58の道がストーンマーテン村への近道だったわけだ。まったく無駄足を踏んだもんだ!

blog ranking
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
夢時間(2)
2005-03-12 Sat 01:24
58へ進む前にここで眠っておこうっていうんだな。まあ、ある意味いちばん安全な場所だ。牛の傍らでぐっすり眠ることだ。

……よく眠ってたじゃないか。生命点も回復したろう?何?二度寝するつもりか?そうまでして夢時間に行きたいのか。わかったわかった、俺も休ませてもらうよ。


――このブログが面白いと思ったらblog rankingへ進め。さもなければもといたセクションに戻って行き先を選びなおせ。自分も冒険の旅に出たいと思ったならマーリンの魔法書を買いに行け。もうネット巡回に疲れ果ててしまったのなら(情けないぞ!)、14へ行ったあとブラウザを閉じろ。

夢時間(2)の続きを読む
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
小男
2005-03-12 Sat 03:36
なかなかいい悪夢を見られたようじゃないか。「くたばれ、この豚め!」とか寝言を言ってたぞ。減った生命点は村に着きさえすれば回復するさ。さあ出発だ。

……おかしい。今回は一向に村に辿り着かないな。ゆらめく門はどこだ?おい、一旦休憩して食事にしたらどうだ?

「おはよう、だんな」背後で声がした。
茶色と緑の服を着た小男が林の中から現れた。危険な人物には見えない。
「ひと口かふた口、食べ物をめぐんでもらえませんかね、だんな」


予備の食料をやるといい。ほらな、村へ行く道を教えてくれたぞ。さあさあ、ゆらめく門から村に入り、長老のシチューをいただくんだ。人心地ついたら、次へ行くぞ。

blog ranking
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
教会
2005-03-12 Sat 03:57
そうか、いよいよ亡霊と闘おうっていうんだな?

教会の中はホコリにまみれ、クモの巣がかかっている。(ヒエ~)
突然オルガンが鳴り響き、狂ったような笑い声がする。マントを着てマスクをした男がきらめく剣を握ってピップの前に立った。
「わしはこの教会に住む亡霊であるぞ、いざ勝負!」


意外と正々堂々とした亡霊じゃないか!勝負してやろうとも!……なかなかやるが、俺の敵ではないな。「亡霊殺しのE.J.」と呼んでくれ。亡霊のしていた指輪が残ってるぞ。これもチクチクするって?ゾンビーの指輪と同じものなのか?怪しい、実に怪しいな。ま、害はなさそうなんだからもらっておけよ。

blog ranking

教会の続きを読む
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
民家
2005-03-12 Sat 04:16
いくつか民家を見てまわるか。いきなり崩れてこないとも限らない。慎重にな。

・石になってる。
・前に紫と緑の怪物に出会った家に誘導される。
・快適な家。生命点を全快できる(村にいるあいだは何度でも!)。
・秘密の通路がある(とりあえず後回しだな)。
・ドアを開けるやいなや、いやなうなり声が……


巨大な狼だ!先制されたぞ!……とはいえ、敵じゃなかったな。おお!家の中に金貨が100枚入った小箱が!

この金で地の精から情報が聞けるじゃないか。行ってドラゴンの洞窟への行き方を訊こうぜ!

……なるほど、あの建物を調べるのか。だが、洞窟へ向かう前にこの村を探して手に入れたほうがいいものがあるんだとさ。もうちょっと調べていくとしよう。

blog ranking
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
妖精の国
2005-03-12 Sat 09:38
さっきの民家にあった秘密の通路を辿ってみよう。……行き止まりだが、隠し扉がある。しかし……

「入るな、ピップ!」E.J.が叫んだ。
「俺はあんたよりも、冒険の経験が豊富だ」(言うまでもない)
「きっとよくないことが起こる。気味悪いクモがいるかもしれんぞ。まちがいなく14行きさ」(けっして怖気づいてるわけじゃないからな!)


俺のありがたい忠告を……おい、無視しようっていうのか!?だめだ!やめろって!きっと恐ろしいことが起きるぞ。うわ、やめ……何だ?ここは!巨大な天然洞窟だ。水晶の花に水晶の低木、水晶のキノコ!羽の生えた生き物が飛び回ってる!ここは「おとぎの国」か!?背の高い、銀色の皮膚に金色の目をした生物がこっちを見てるぞ。

「ここは〈妖精の国〉の入口だ。おまえは望むものをひとつ取って出て行ってよい」その生き物の美しい声が心の中に響く。
ピップは戸惑って言った。
「あのう、欲しいものなんか別にないんです。好奇心で入ってきただけです」ふと思いついてつけ加えた。「実は、この剣が、ここに入るように言ったんです」(ピップ貴様!あとで覚えてろよ!)
「たぶんそうだろう(そうだろうじゃねえよ!)。おまえが何も欲しくないのなら、こちらから何かやるのがしきたりだ。さあ、その剣をよこせ」
「だめだ!」E.J.は悲鳴をあげたが、あまりのショックに気絶してしまった。


断固抗議するが、俺は決して気絶なんぞしてない!ただ、その、何だ、妖精の国の雰囲気に呑まれてしまって、あまり記憶がはっきりしないだけなんだ。気絶なんてとんでもない!とにかく、記憶がはっきりしたとき(もう洞窟は出ていたが)、妙に力が湧いてくる感じだったのさ。ピップの話によれば、俺は今後、ドラゴンに対して10点余分に被害点を与えられるようになったらしい!「ドラゴン・スレイヤーE.J.」と呼んでくれ!

blog ranking
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
修道院
2005-03-12 Sat 10:01
このみすぼらしい建物は、かつては美しい修道院だったようだ。
庭にたたずんでいると、六人の僧が出てきた。だぶだぶの頭巾をかぶった暗黒の僧だ!彼らはいっせいにこちらを見つめ、口々に言う。
「いっしょに来い。仲間に入れ。さもないと……」


こんな呪われた村でなにかやってる"暗黒の僧"を信用するくらいなら、ピョンヤンの中央広場で君が代を熱唱するほうがマシだ。だが闘うとなると(六人のうち四人、それも一人ずつだが)、かなりの強敵だぞ。よし、いっちょやるか!最初のひとりには粒の杖を使え!……よーし、よしよし、いい戦いぶりだった。

修道院の中を調べてみろ。……何もないのか?やれやれ。だがもし、また14に行ってから戻ってきたときは別のものが見つかるかもしれない。忘れずにここへ来るんだぞ。

blog ranking
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ドラゴンの洞窟へ
2005-03-12 Sat 11:39
俺がドラゴン・スレイヤーとなったからには、もうドラゴンの洞窟へ旅立っていいだろうよ。例の建物を調べ、地下道を抜け、荒れた大地を進み、二本の道からひとつを選び(エセルバートの手記によれば、間違えたら14行きだぞ!)、いよいよ目の前に現れたのは……

背後には、火山のある荒れ果てた大地。目の前には、暗い、陰気な洞窟が口を開いている。この洞窟こそ、長いあいだ探し求めてきた場所だ。

ここからが本番だぞ、ピップ。気を引き締めていけ。

洞窟の北の壁に二つの洞穴があった。サイコロを1個気合をこめてふって、進路を決めよ。
 右の穴を選ぶなら――102へ。
 左の穴を選ぶなら――99へ。


はははは、ひとついいか?サイコロ振る意味ねえだろ!ふざけんな!サイコロ振って、右か左かを好きに選ぶこった。

blog ranking
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
幽霊
2005-03-12 Sat 12:00
右へ。広い洞窟へ出た。ここからも東西に洞穴がのびているな。……おい、いま何か気配がしなかったか?確かに何かいるぞ!こいつは……幽霊だ!エセルバートの手記にあった奴に違いない。触れられただけで生命点10点も奪われちまったじゃないか!あいにく、いくらこのE.J.様でも実体のない幽霊は倒せない。魔法を使って倒すんだピップ。

生命点が半減しちまったな。ところで、最初に買った装備の中の「治療薬」って使えるのかね?どこにも説明がないんだよな。前回の冒険と同じ魔法の治療薬ならサイコロ2個分回復しそうだが……しょせん銀貨3枚だしな……ここはサイコロ1個分ってことで手を打ってやるよ。念のために1本残しておけよ。

blog ranking

幽霊の続きを読む
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
岩小人
2005-03-12 Sat 12:17
西の洞穴をどんどん下ると、やがて広い洞窟に出た。醜い岩の小人がうろついている。

こんな奴ら、さっさと倒して先に進もうぜ。おいおい、正々堂々と挨拶するつもりか?正気の沙汰じゃないな。……ほれ、連中理性を失って大騒ぎだ。闘うぞ。

さ、北へ進め。……また二股に分かれているな。東に逸れてみるか?

blog ranking
別窓 | 「ドラゴンの洞窟」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | E.J.のアバロン救世記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。